ページを選択

「熟考の目的は本当です」。
アリストテレス (Metaphysica II, 1: 993B20)

"あなたは真実を知っている、と真実はあなたを解放。
イエス (聖ヨハネ8.32 による福音書)

 

熟考は瞑想のようなものであり、それはしばしば明確に瞑想からそれを分離し、何か別のものとしてそれを強調するユニークな。このような場合には、通常、集中、瞑想と熟考別の行為として (例えば、聖ヨセフからリチャード) と言われています。ヴィクトルは熟考 (Contemplatio)、思考 (Meditatio) によって区別され、(cogitatio) を考え出す。a. 3、p. 1。彼はこれを言う: 「熟考は cognized 事の精神の洞察力があり、自由な目である;思考は真実のための調査を取扱う精神の目である;これを考え出すことは、何にも来ずに真実を探求することです。3、p. 12))。

しかし、それは両方の濃度と熟考が瞑想の2つの異なるタイプであることを非表示にすることは不可能です。濃度は、合成瞑想、熟考-分析瞑想です。熟考は、見て、目覚めることを意味します。この言葉はラテン語の contemplatio から来ている。ラテン語の言葉はそれらからの運命のコースを読むために鳥の飛行を見るためにもともとあった (cf。アンジェイ Bańkowski、ポーランド語の語源辞書:-K、PWN、ワルシャワ2000、p. 786))。それは後にも、任意の兆候やトレーラーの生活の様々なイベントで説明を見つけるために (一部の人々は、もともとピタゴラスの文章で意味ギリシャ語のおける観想とラテン語の単語 contemplatio を比較するの表示を懸念することが可能です。(注意深く見てください)。の執筆では (106-43 R. Prz. N。Chr)単語 contemplatio は、すでにルックスの意味を持っています, 見て, 見る, 研究. より遅いラテン系の作家 (II-VI w.。N の後。Chr)それはまた考察、注意、考察を意味する 1)cf. ハーパーズ ' ラテン語辞典, ニューヨーク 1879, s.. 445

熟考の重要性はキリスト教のクリスチャンの状態とより拡大された。それは精神的な生活の頂点を意味するようになった–魂が直接神と接続する祈り–特別聖体拝領の一種.

仏教思想では、熟考の表現を 熟考) は、異なる意味で使用されます。(単語の複数の使用は西に達する仏教の時と、次第に現われた))彼は口語のスピーチで非常に共通になり、考えることのような多くの特定の単語を、取り替えた (Tib. Sgom PA、Skt。bhāvanā)、2番目の考えを持つ ( bSAM Gtan、Skt。Dhyāna)、歓喜 ( ティン Nge ' dzin、Skt。Samādhi)、2)単語も吸収として翻訳。フォーカスとして理解することができる、と思う思考 (Tib. bSAM PA、Skt。Cintā)、画像 (Tib. Dmigs PA、3)また焦点 Skt。Ālambana?), バランス (Tib. Mnyam Bzhag、Skt。Samāhita)、Spoczęcie ( 歯車 Bzhag), スタンバイ ( Lhag Mthong、Skt。vipaśya) を参照してください。LTA BA、Skt。Darśana)、ビジョン (Tib. Mthong BA、Skt。Darśana?Paśyat?), 意識 (Tib. リグ PA、Skt。Vidyā)、通常/自然状態 ( Gnas ラグ) など

 

熟考は、多くの点ですることができます

 

先に熟考の2つの意味を議論する価値があります。最初は警戒して、もう片方は見たり見たりしています (思考、イメージも含めて)。警戒はすでに別の作業で議論されている, ヴィパッサナーと呼ばれる: 仏教の警戒. 熟考のこの意味では注意を意味する, 存在, 慎重であり、何が起こっているかに敏感. を見ながら、我々は意図的に (激しい) と超自然 (NIEUSILNE) に分けることができます。意図的に、順番に、世界と空に分けることができます。と超自然的な画像を見て、何のために。(これらの用語は、著者の現在の作品から派生しています。それらは関連した仏教の行為の概要そして記述として役立つように意図されている))。

熟考

意図的に世界を見ても死については、体の分解、世界の脆弱性と、人間の生活の価値観、美しさ、美徳の豊かさを考えています。これらの異なる思考は、posiłkując の想像力を導く。ここでの狙いは、生徒の心を動かして、正しい軌道上で操縦すること。それは真実の想像力の開発-後で救いを求めるために現実の性質について説得力があります。忠実に自分自身が理解を得るために、ここで様々なアイデアを開発。意図的に空を見て聖人、神々、Goddessess の様々な形を想像している 4)理解: 天使、anielic 宮殿、楽園の庭園、分布と光、光線、雨、życiodajnych ジュースなどのレセプション。これらの思考は、狂喜やエクスタシーと呼ばれる傾向がある ( ティン Nge ' dzin、Skt。Samādhi)。その中には、知覚がより精巧な形を取る仕事の方法もあります-その範囲で巨大と同時に詳細。この種の複雑で精巧な思考は、教育の学位の一つである (形成/開発; Bskyed リム、Skt。Utpattikrama)。それは神が見ているだけでなく、それは神として見られている、熟考の高いタイプです。しかし、また、ここでは、想像力によって、自分の能力に基づいて外観を開発するが、グレースの助けなしではない。また、想像力は、最初の精神的または肉感的でのみ作成され、後で彼らは超自然的な形で取ると精神的な方法で、難なく、自分の想像や官能の参加なしに表示されますが発生します。

これは、実際にはすでに見ているか、単語の純粋な意味で熟考している超自然的なルックス、です。それは何ものための画像で指示することができる超自然を探しています。どちらの場合も、神聖な存在感を感じることは有意義です。画像を見ると、この感覚は、さまざまなビューが付属しています。しかし、彼らは、信者の意志からではなく、または彼の努力を通じて、超自然的な方法で表示され、自然であるが、高いから恵みとして。何も見ていないビジョンですが、また、ここでは、特別な光の認知を介して神の存在感を来る。この時点で明るく考えられている。画像、色、または何か特別なものはありませんが、探して見ていないルックスは、先見者は見ていない見ている。感覚は光によって、精神の高い、純粋な個人の連絡先と目がくらむされます。イメージの欠如にもかかわらず、精神は、強さと認知の光によって想像されます。

生命の最も高い法律のコレクションからの意図的な天体の一見の例 (Tshe dbang mchog ' dus):5)完全な名前: Tshe dbang mchog ' dus tshe'i sgrub の ri ma、エド Sog SDE SPrul sku bsTan pa'i ぃうぉ ma, 成都 1999?, S. 71-78 チベット語の翻訳。この聖書は、おそらく7番目の) から来ている)

"1 つの瞬間に私は1つの顔と2つの手で生活の法則の精神的なヘラルドとして、光白の外観は、8歳の若者に似ていると思うと、サインを称えるために十字架を保持する。鳥の王と zszytym のコートを Odziewającym、右足 rozpostartąで休んで曲がって左。それから私は1つの白と私の胸を考える。私は a から光線を送信し、魂の闇を削除します。戻って、彼らは魔法の光に溶け、空の家で時間のプロパティを変換します。私は、虎のスカートの中で、明るい白の外観と、1つの顔と2つの手で健康的な生活の彼のインテリア王で瞑想、交差を回転させると席にバランスを取っている。私は、前に形をした乳房の月の1つの円で瞑想します。私は、1つの白の周りに考えて、健康的な生活の右の心に回転します。私はどのように、空間から合理的な wybawców を招いて、私に浸透し、形をしてから光線を送信すると思います。私はそれらを送信し、すべての魂の生活の輝きを集中していると思う。戻って、彼らは私の人生、メリットと効率性を開発する。それから月の輪と一緒に光の中で溶かすというのは、人生の時の内部に消えると思います」

 

我々はさらに、キリスト教と仏教思想の様々な代表者のステートメントを提示する。

 

キリスト教思想における思索

 

"祝福は、純粋な心は、彼らが神を参照してくださいしなければならない。

イエス (聖マタイ5.8 による福音書)

 

「ボディランプはあなたの目である。あなたの目は健康であれば、あなたの全身が点灯されます。しかし、もしそれが病気の場合、あなたの体も暗闇の中になります "

イエス (聖ルカ11.34 による福音書)

 

"私は、聖人の愛と欲望は、神ではないものを見て反対しているものだと言うことができます。低いイメージによって拡散されない、神聖は神である最も神聖な素晴らしさに焦点を合わせた目を持っている。彼は彼が見て-すべては神にある-また、兄弟、ラフ、błagalnie 手を伸ばす。目が離れて神から引き裂くことなく、聖霊は Błagającymi 兄弟を曲げる。体に対して, 富に対して, 冒険の快適さに反して、彼の理想を上昇させる: 奉仕する. 聖-貧しい?限ら れた。じゃない。彼は本当の知恵と真の富を持って来た。だから彼はすべてを持っている。疲れを感じることはありません。作成をやめないというのが本当なら、餌をやめないのも事実です。世界の悲哀を理解しているというのが本当なら、天国の喜びを養うのも事実です。神は飽き飽きし、神は彼の喜びを持っています。命の意味を pojęło 生き物だ

イエス (マリアデジタルアバンギャルドロバータ、神の詩-マン III、31、Vox Domini、カトヴィツェ2000、S の 172)

 

カトリック教会のカテキズムによると、熟考は心の集中であり、すべての自身が聖霊の tchnieniu に服従している。主の家に住まわれている。私たちを待っている人の存在に入るために信仰を刺激する;すべてのマスクをダンプし、彼に精製され、変換 (2711) の贈り物を与えるために、愛する主に心を返します。このカテキズムでは、Uszczęśliwiająca (1028) のビジョンとして熟考のような表現も見つけ、友情関係、愛の検索 (2709)、会議 (2710)、祈り (2712)、祈りの謎を表現する最も簡単な方法は、贈り物、恵み、関係誓約 ((Tukdam 私たちの存在の深さで神によって設立され、聖体拝領 (2713), 祈りの最も強烈な時間 (2714), イエスキリストに固定された信仰の視線, 彼に支払われる注意, キリストの生命の神秘に視力の演出 (2715),神のことばを聴いて、信仰の服従、しもべによる神の言葉の無条件の受け入れ、子供の密着を愛する (2716)、沈黙、来ている世界のシンボル、サイレント愛 (2717)、イエスの祈りと連合 (2718)、愛の聖体拝領多くの (2719) のための生命。キリスト教の感覚で熟考は、しばしば啓示、ビジョン、エクスタシー、異常な身体現象、聖痕などの兆候の贈り物を伴っている神からの光の受信です。(教会の便利な encyklpedya。m.-n. トム XXVII-XXVIII、ワルシャワ1912p. 88))サン。トマスは、彼女の知性の行為として言えば、彼女の "真実の単純な感覚" (シンプレックス intuitio veritatis) として話す。(神学 ii、ii、Q の合計 180, A. 3))

 

「しかし、私は神の顔に直面して見たにもかかわらず、私の人生を ocaliłem。

ヤコブ (創世記 32.31)

 

"今、私たちは鏡のように、漠然と参照してください。その後[ujrzymy]、顔に直面する。今、私は部分的に知っているし、私は知られていたように poznawałします。

サン。パウロ (コリント13.12 への最初の手紙)

 

"あなたはトリニティを参照してください場合は、愛を参照してください。

サン。アウグスティヌス (デ trinitate VIII, 8, 12)

 

"神の熟考の終わりとして、すべての私たちの行動の戴冠と幸福の永遠の成就として私たちに約束されています。

サン。アウグスティヌス (デ trinitate I、8: PL 42、831。Stokowska、p. 96)

 

"誰でも単なる人間の人生をリードし、体の感覚を使用して神を見ることはできません。それはそれが何とか現在の生活のために死ぬときにそれが唯一のビジョンに提起することができます: 完全に体を離れるか、身体感覚の作用を中断する。

. サン。アウグスティヌス (デ Genesi ad Litteram XII、27: PL 34、477)

 

「神を見た者は、神を見たのではなく、彼に何かを見たのです。

擬似ディオニュシオス Areopagite (Epistola ad Gaium Monachum 1: PG 3, 1065)

 

"常に神秘的な瞑想の練習は、五感と知的エネルギーの感覚を拒否すると、全体のことと知覚、理解し、すべての niebyty、すべての entitiess ので、この合計無知の ażebyśは、範囲に高貴されている各物質の上にあるものと、知識を超えたものとの一体感を持つことができる」

擬似ディオニュシオス Areopagite (神の闇)

 

"だから、階層は神に同化され、彼と団結-可能な限り-神自身がすべての神聖な認知とすべての nabożnym のアクションで私たちを導くため。彼の神聖な美しさに自分自身を見つめ、彼女と自分自身を識別する、階層は、彼女の能力に応じて、彼の神性の汚名を受け取り、彼女自身のメンバーは、神のイメージと完全に透明と完璧な、準備ができてミラーPierworodnej の光の素晴らしさと神の公国と、最後に、神のświątobliwie に満ちた輝きを受け入れるために。

Areopagite の擬似ディオニュシオス (天体階層について)

 

 

"我々は、すべての原因に上昇し、ponadświatowymed の目と全体を見るために、最もあいまいな画像を使用して、反対の1つは、不可分と等しいすべての原因で。

擬似ディオニュシオス Areopagite (神聖名)

 

"イエスの証人を想起させる-父の光:" 世界に入ってくるすべての人の啓発の真の光 "(ヨハネ 1.9)。これを通じて、私たちは父 6)1 Tm 2.5; と ROM 5.2 へのアクセスを受けている。Ef 2.18;3.12)-すべての光の原理-我々は、可能な限り、光の父の与えられた伝統に向かって、聖書の神聖から流れる-私たちの力の範囲-wejrzyjmy 天知識人の階層で、私たちの目を上げる方法でここに明らかに象徴的で Anagogiczny。(「anagoge」という言葉は、熟考に向かって上向きに上昇することを意味しますそして、かつて我々は、Boskowładnego の父から派生した私たちの知性の無形と手つかずの目を想定している, 長子の贈り物と元の光よりも-を通じて、我々は自分自身をマニフェスト, 象徴的な形で, 幸せな天使の階層-彼からさらに高く、光の単純な線自体に浮揚することができます。

擬似ディオニュシオスは、Areopagite、天体の階層、ギアボックスについて。英語からの専有物)

 

"注意は熟考の始まりである, というか、その基礎. それは彼女を通して、神は、私たちに wejrzawszy、心に自分自身を明らかにされています。

ニケフォロス (Filokalia)

 

"あなたは、アンソニーは、心臓の警戒を通じて、神を見て、予測になることができた参照してくださいか?実際には、作成者は心の中で心に自分自身を明らかに、最初に、ジョン Klimak は、火のようなものを、その心を啓発し、神になる光の種類を浄化するという。

私たちの父、聖アンソニーの生活 (Filokalia)

 

"Kontemplatywne の生活は、神と隣人の全体の心と自分自身の栄養上の創造主のためのあこがれ lovinging で構成されています。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、953)

 

"Kontemplatywne の生活は、すべての世話を放棄する、暖かく彼の創造主の顔を見てみたい。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、953)

 

「Kontemplatywne 人生は魂の装飾である」。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、953)

 

"Kontemplatywne の生活はここで完璧に天の祖国に来ることを開始: 愛の火は、ここでは、彼が愛する人の姿に燃え始めるために、彼に向かって大きな愛を Buchnie。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、954)

 

"魂は、神を熟考しようとすると、戦いにあります: 一度彼は征服、ときに考えて、czuciu のコストを無制限の光のビットは、再び彼はコストの欠如を感じて雨が降る。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、955)

 

"我々はこの人間の体に住んでいる限り、誰もが、彼は無限の光の中心に彼の精神の目を utkwićことができるように、熟考の程度のように感じることはありません。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、956)

 

「Kontemplatywne 人生は、一番愛にふさわしい、お菓子がいっぱい。それはそれの前にそして心の目が精神の世界を開けるそれの上で単独で、空を開ける魂を誘拐。

サン。グジェゴジビエルキ (エゼキエル預言者 II の Homiliarum、2: PL 76、956)

 

"熟考は、神であるこの prapoczątku のための検索です。

サン。グジェゴジビエルキ (Moralia VI, 37: PL 75, 764)

 

「絵の美しさと色彩が私の祈りを刺激している。自然の眺めが神に栄光を与えるために私の心を刺激しているので、それは私の目のためのごちそうです。

サン。Jan ダマスカス (デ sacris imaginibus orationes 1, 27: PG 94, 1268 B)

「あなたを onieśmiela ない権限を許可しないし、理性の正しい熟考によって達成される説得を理解することを可能にするものからあなたを導かない。確かに、権威が正しい理由に反対しない、またそれが今まで真の権威と矛盾することはできません。1つは、他の神の知恵は、同じソースから、間違いなく来る。

Jan スコッツマンエリウゲナ (私は、PL 122、. 511B、ギアボックス。ベネディクト16世、10.06.2009、ポーランドへの聴衆から: O。ジョン脇 OSPPE)

 

"本物と至高の存在は、真理の熟考を uszczegółowiony 知性です。

ヤン・スコッツマンエリウゲナ (Periphyseon IV, 780 C, S. 177)

 

「最初で最大の熟考は、陛下の称賛です」。

サン。バーナード (デ Consideratione V、14: PL 182、806)

 

「最初の熟考は威厳を賞賛することで成っている;もう一方は神の裁きの対象である。彼の好意の三番目;彼の約束の第四。

サン。バーナード (デ Consideratione V、14: PL 182、806)

 

"魂は偉大な期待と以内の信仰を吹き込ま神の存在を期待し、天の思いを relishesing、そして" 顔に顔を見る "の恵みがなされているまで、十字架の屈辱に自分自身を誇っています。

サン。クレルヴォーのバーナード (O 神の愛、transsented。s. Kiełtyka SOCist 「神と他の条約を愛する O」、ポズナン 2000)

 

"自分を知るために地球を参照してください!彼女はあなたが誰であるかを教えてくれます-あなたはほこりやほこりが回転している (cf. ゲン3、19)」。

サン。クレルヴォーのバーナード (プライドの約12度 28)

 

"2 つの壁は修道院にある: アクティブと瞑想、メアリーとマーサ、内側と外側。

サン。クレルヴォーのバーナード (手術シリーズ最初の 18)

 

聖のリチャードによると ビクター熟考は、"至福の驚きと賞賛と組み合わせて、知恵の奇跡に魂の深いと純粋な視線です。ベンジャミン Maior (1, 4: PL 196, 67, 教皇ベネディクト16世の聴衆から翻訳, 11 月 25, 2009). ビクターは、熟考の6種を区別します (De 恩恵 Contemplationis I, 6: PL 196, 70):

  1. 単なる想像では (身体的なものの注意深い遵守から成る)
  2. 理性の関与との想像では (物の順序そして装置を考慮することで成っている postrzegalnych)
  3. 彼は、想像力の共犯に理解している (ときに、目に見えるものを観察するから、我々は見えない世界にしている)
  4. 同じだけで理解し、純粋に意見の相違で (ときに想像力の手の届かないところにある目に見えないものと精神の取引)
  5. 上記の理由について (神の啓示のおかげで、我々は理解できない人間の理由を知っている)
  6. 上と理由を超えて何であるかについて (神の啓蒙と我々は、例えば、人間の理由に反していると思われるものを知っている。三位一体の謎について言われていること) (聖 トマスは、最後の種だけが神の真理を懸念しているようだと指摘している。そして、彼によると、熟考は、神の真理だけでなく、生き物にあるものにも関連しています。Cf。私の仕事ヴィパッサナーで与えられた仏が述べた警戒を開発する様々な方法: 仏教の警戒。最後に、仏によって与えられた注意の最後のオブジェクトは、4つの崇高な真理です。

 

"読書を求めると、物思いが見つかります。ノックは祈る、と熟考を通してあなたに開かれます。

Guigo カルトゥジ (スカラ claustralium;PL 184、476 C)

 

"Kontemplatywne の人生は、意志の喜びで終了し、この喜びは、愛の大きな強さにつながる。

サン。トマシュ (Summa 神学 ii, ii., Q. 180, A. 1

 

「ここで」霊的な人間の精神は、このように ponadzmysłowemu ています。驚くべき神の力は無限の高さで急上昇する、それは底なしの深さに再度浮かぶ。それにもかかわらず、同様に永遠と強力なのは、自分自身でも、発信では、この rozkoszowaniu では、精神は、その性質を保持し、すべての obscurationss から解放され、アクションは、劣ったものから派生した、企図奇妙に神。なぜなら、人の三位一体によってそのシンプルさに没頭して、そしてすべての多様性が多様性であることをやめる単純な団結よりも大きい奇跡であることができるので? "

祝福。ヘンリク寿聡 (人生、群衆。w. サイモンオペアンプ、ポズナン 1990)

 

"常に隠された神の熟考に彼の心を構築し、常に私の目の前に私を持って、私から私の視線を向けることはありません。この熟考はまた他の練習のターゲット、窮乏、ポスト、覚醒および他のすべての悔しさのようなべきである。彼らはそれのためにあなたの探求であなたを助ける限り、それらを練習します。この方法では、1000年でも1つに到達しない最高の完成度を取得し、これは、これらの他の演習では、同じ目標を見て、彼らは何年もさまようためです。

祝福。ヘンリク寿聡 (永遠の知恵の本、群衆。w. サイモンオペアンプ、ポズナン 1983)

 

"しもべ: 主は、誰が常にあなたの神聖な存在の熟考に耐えることができますか?永遠の知恵: 時間の生活のどれも。あなたはちょうどあなたの心と心が導かれるべきであるように、あなたの放浪の目的は、何であるべきか、あなたが行っているかを知るために言われている。そして、あなたはこの熟考を奪われている場合、あなたの永遠の幸福が離れて撮影されたかのように感じる必要があり、あなたはそれを取り戻すためにできるだけ早くそれに戻って来て、あなたが熱心に自分自身を見守る必要があります。あなたがそれを持っていないときは、雪だるまの rozszalałych の間でパドルの手から落ちたと参照する場所を知らなかった船頭のようなものです。そして、もしあなたがまだ熟考し続けることができなければ、あなた自身と患者の寛解に向かって頻繁に再発は、可能な限りそのような節操にあなたを導きます。

祝福。ヘンリク寿聡 (永遠の知恵の本、群衆。w. サイモンオペアンプ、ポズナン 1983)

 

"見て、私はとても楽しく晴れやかな衣服[Mądrość Przedwieczna]で przystrojona だ、私はありがたいことに新鮮な花 tysiącznych 色相、紫色のバラ、真珠のユリ、美しいスミレと花の他のすべての種類の完全に囲まれているNajcudniejsze の花は、私の魅力に比べて、すべての光があふれた膜と繊細な花の najbujniejszych のハーブは、共通のアザミのようなものです。

祝福。ヘンリク寿聡 (永遠の知恵の本、群衆。w. サイモンオペアンプ、ポズナン 1983)

 

「神の神秘を見て、神秘と深い内容に満ちた思想のささやきを語りました」。

カプアのレイモンド, シエナの聖カタリナの生活 16, 184, ちなみに, ポズナン2010

 

"私の魂は神の本質を見て、特定の用心し、それは私が肉のこの刑務所に滞在するのは難しい理由です。

カプアのレイモンド, シエナの聖カタリナの生活 16, 215, ちなみに, ポズナン2010

 

"思考の熟考は、私の意見では、友情の深遠な関係のように、私たちは神と二人きりで話す、彼は私たちを愛していると確信されていません。

サン。テレサ・オブ・イエス (リブロ、8)

 

「道に止まらない人は、決して熟考の生きた水を奪われることはないだろう」と確信している。

サン。イエスのテレサ (ヨハネパウロ2世、Virtutis Exemplum et ma の翻訳後、14 Październia 1981 の使徒の手紙)

 

「キリストを見るための Nawykajcie。Nawyknijcie!それに取り組んでいる彼は、自分自身を最高のマスターを取得します。私は彼についての偉大な瞑想や理性の呼気仕事も、美しい思考と感情を得るために-私はあなたが彼を見ていただくように依頼しないでください。

サン。テレサ・オブ・イエス (魂の日記)

 

"あなたは私たちの心が提示最も美しいものを見て miałybyście ではなく、嫌なことのビューを立てることができますか?Zważcie は、彼は私たちよりも何も要求しないことを確認し、任意の時点で、必要に応じて、あなたは彼を見つけることができます。そして、彼は私たちを見て、彼は努力を放棄しないことを望んでいる。

サン。テレサ・オブ・イエス (魂の日記)

 

"More は、単語を発音するよりも彼の存在を見ています。あなたの唇で祈る場合, 私は知っていると私は神に話している感じ, 私が発音する言葉よりも彼の添付された注意の神の存在を大きく, その後、私は口頭で内側の祈りに参加する. "

サン。テレサ・オブ・イエス (魂の日記)

 

"熟考は愛のスキル、つまり、神の知識の注ぐ愛です。

サン。十字架のヨハネ

 

"これらの考慮事項、フォームや考え方の方法が必要です… 愛を乗算し、感覚を通して魂を強化する。私たちは、労働組合、休息と至高の善に来るために、考慮、形と概念のすべての学位を渡さなければなりません。

サン。十字架のジョン (カーメル II をマウントする方法, 12, 5)

 

"あなたは神の愛の心に従うことを学ぶ必要があります, 心の完全な平和と, あなたは何もしていないように見えたにもかかわらず、. それは短い時間で、神の不思議と高尚な認知と一緒にあなたの神の魂の休息を貫通しています。

サン。十字架のジョン (カーメル II、15、5をマウントする方法)

 

感覚の浄化は、ゲートウェイと御霊のための熟考の始まりにすぎません。

サン。十字架のヨハネ (暗黒の夜 II, 2, 1)

 

"熟考の神の光, それはまだ十分に啓発されていない魂に浸透するので、, それは精神的な闇になります. だけでなく、その能力の尺度を超えていない, だけでなく、自然な知性の使用のそれを覆い隠すと奪う. これらの理由から、St. ディオニュシオス (擬似ディオニュシオス Areopagite: De ミスティカテオロギア, C. l、§ l;Migne PG 3, 999)そして他の神秘的な神学者は暗闇の光線の熟考を呼ぶ。 それは、まだ精製されていない魂を指します, そして最終的に悟りを開けていない, その過度の超自然的な光が征服し、推論のその自然の力を破壊する. "

サン。十字架のヨハネ (ダークナイト II, 5, 3)

 

"熟考の祈りの中で魂は神の存在下で続けている。彼は神が彼女に与えたいと思うものを受け入れる。彼は何もせず、努力もしていません。インスピレーションは、彼女が求めるすべてを発見することができます, さらに多くの. "

ヴィンツェンティサンパウロ (上級副社長 IX、385)

 

「瞑想的に注ぐことは、神にとってシンプルで愛情に満ちた光景であり、魂が賞賛と愛を通して喜び、実験において神に会い、深い平和の中で永遠の幸福の始まりを享受している目です。

A。ルネ・ド・ Maumigny SJ

 

"彼を見つめ、彼は私の中で見つめている。

アルスの村人 (ジョン・マリア・ヨハネヴィアネイ;カトリック教会2715のカテキズム)

 

「真の純粋な神学は、私に汝の神、愛する人間性を熟考することです。

神のことば Vassula Ryden (神95の真のいのち: 15.10.98)

 

仏教思想における思索

 

「自然な状態での思索や存在感は、dzokczen の根本的な実践である」

Jongzin 天神 Namdak ・リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え)

 

"我々は熟考について知っているより、強力な力です。我々は、より少ない障害物の出現が穏やかになります。自然の状態の存在は、情熱の力を制限し、我々は肯定的なプロパティを manifestujemy。外的現象は現実ではなく、生まれつきの性質を持っていないことを理解しています。我々はこれを理解すれば、我々は以下のオブジェクトに添付され、それは私たちが情熱を制御するために容易になります。

Jongzin 天神 Namdak リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え。パートと割り切る)

 

"しかし、我々は熟考しているとき、自然な状態で、我々はそれが心の行動であるため、研究やテストを行うことはありません。私たち一人一人は、彼自身の個人的な経験を持っている必要があります。私たちの心の中を見て、我々はその後、溶解思考を見てください。それが発生したかどうか?私たちは思考の間にこのギャップを見つけるのですか?私たちはしばらくの間、自然の状態を実現するためには、穏やかな状態や思考の動きの具体的な説明が必要です。平和や運動があるかどうかに関わらず、この存在しかありません。これは関係ない」

Jongzin 天神 Namdak リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え。パートと割り切る)

 

"ゾクチェンでは、それは我々が熟考しているとき、我々は、それ以外の場合は、自然の状態を乱すので、発生するすべての思考を解放する必要がありますと言われています。

Jongzin 天神 Namdak リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え。パート II 実用的)

 

"どのように熟考にとどまるのですか?私達はちょうど私達が幸せに遊んでいる子供のようにこの状態にとどまる。お子さんが自分の思い通りに遊んでいるなら、私たちは彼が欲しいものをやらせます。開発された計画に従って遊ばない;彼がするすべては、自動と自発的です。(…)自然の状態を一度認識すれば、何も変えたりつかんだりすることなく、この状態にとどまっているだけです。そのままにしておくだけです」

Jongzin 天神 Namdak リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え。パート II 実用的)

"すべての dyskursywnym の考えを熟考するには、良いか悪いかどうか、Samowyzwolenie することを許可する必要があります。

Jongzin 天神 Namdak リンポチェ (ゾクチェン Bonpo の教え。パート II 実用的)

 

"我々は純粋な状態を結合する必要があります, nondual 心, 発見し、熟考を通じて開発, すべての状況と私たちの日常生活のすべての瞬間と."

天神ワンゲルリンポチェ (自然の心の奇跡、Verbum、カトヴィツェ)

 

「集中の練習はまだ瞑想的ではないが、集中力の発達を通して、自然な心の状態を学び、熟考の実践への入門である意識の状態で休む能力を達成することができる」

天神ワンゲルリンポチェ (自然の心の奇跡、Verbum、カトヴィツェ)

"集中の練習では、我々はまだ (対象に焦点を当てている) と集中の対象 (ここで、エンティティが集中している) の対象との間の二重性に対処する必要があり、内部の間にはまだ二重性がある (意識瞑想の心のボディの内部) および何が (黙想の目的) 外的であるか。思索はもはや主題または対象を持っていない、それは "水に注ぐ水" に似ていると言われています。

天神ワンゲルリンポチェ (自然の心の奇跡、Verbum、カトヴィツェ)

"新たな思考への我々の関係は熟考の重要な側面です。直観の思考の形成、休息と解散を観察することにより、我々は思考の真の、空の性質を参照してください: 思考は、心の動きを構成し、自然の心と同じ性質を持っているように、波が海と同じ性質を持っていると同様に。熟考の状態で考えが現れるときに、私たちは、彼らが直観から生じて、そして彼らの本質が直観の性質であることを知っています。我々は彼らに気を取られていない, しかし、我々はそれらを手放す, 穏やかな熟考で休む. "

天神ワンゲルリンポチェ (自然の心の奇跡、Verbum、カトヴィツェ)

 

"ゾクチェンの熟考は、意識を超えた状態で、思考の継続的な生産を通して心の注意を維持することに慣れている概念、提示心ので、安静時です。概念的には、思考の心は緊張に熟考のリラックスした状態から開業医をプッシュし、結果として、彼は熟考の状態でリラックスしたままにすることは困難です。

天神ワンゲルリンポチェ (自然の心の奇跡、Verbum、カトヴィツェ)

 

「思考は心の動きであり、波が海と同じ水の性質であるのと同様に、自然の心と同じ性質である。熟考の状態の間に考えが生じるとき、私達は彼らが直観から起こり、本質が直観の性質であることを意識している。我々は彼らに気を取られていないが、我々は彼らが熟考のバランスに残ってみましょう。

天神ワンゲル・リンポチェ (フェイスブックのトランスクリプト)

 

「熟考か存在の状態は総弛緩を表す」。

Namkhai ノルブ・リンポチェ (チベット・ドリーム・ヨーガと自然光の実践)

 

"熟考は、それが常に自己の状態に残っている[praktykujący] Dzogczien の主な実践です。この状態では心の単なる層のすべての概念を超えて、まだそれは完全に知性と理性的な心を認識しています。熟考は、従事していない平[w nic]穏や透明性の経験を見つけるためにシーク、また気晴らしを避けるためにしようとします。熟考において思考があるとき、それを抑圧したり、それに従ったりしません。それは自発的に解放され、分解する。すべての解放のこの練習はマスターの Dzogczien によって心の性質についての説明を伝達するとき導入される。

Namkhai ノルブ・リンポチェ (チベット・ドリーム・ヨーガと自然光の実践)

 

「Atijogi (ゾクチェン) の道は、心ではなく、Rigpa の道である。したがって、当初から我々は熟考の状態にする必要があります。1つが異なった方法の何千もの学習しても、それらはすべて二次、理解し、知恵を開発するためにだけである。あなたは言葉に基づいてはいけませんが、本当の意味で。ゾクチェンレベルでは、本当の意味を知っている必要があります。あなたが経験と症状の異なるタイプの存在のユニークで唯一の状態であることを発見したとき, その後、最終的に現実の niedualistyczną性質を発見する. ゾクチェンは、熟考の有名な状態です。誰かが熟考であるものを理解するとき、彼はまた弛緩であるものを知っている。これは「リラックスしたい」というような、ある種の意図や拘りではありません。このルールは、任意のタイプの電圧を超えているということです。これは、すべてをリラックスすることができます。これは総弛緩である。しかし、それは開業医がリラックスしなければならないことを意味するものではありませんが、熟考の性質が緩んでいること。だから、ゾクチェンは楽だと言われたり、何をしても何の義務付けることもなく」

Namkhai ノルブ・リンポチェ、熟考

 

"ゾクチェンの主義は「何であるか」であることに「何でも、調節されていないとどまることを訂正しない」で成っている。しかし、多くの人々が誤って解釈する。今の状態でのんびりしているのではなく、怠惰にふけるのです。それは彼らに、彼らはゾクチェンの練習以来、それは彼らが何かを行うことは許されないと思われる。

Namkhai ノルブ・リンポチェ、インテグレーション

 

"瞑想思想が発生し、実際に発生する可能性がありますが、それは彼らによって調節されていません。彼らは彼らがそのままにしておくとき、彼らは自分自身で解放されます。熟考では心はあらゆる努力に従事しない;あなたがするかしないかに必要なものは何もありません。何が、単純に、それ自体は、完璧です。

Namkhai ノルブリンポチェ、結晶と光のパス

 

古代チベットの聖職者の言葉の終わりに、
Trenpy Namki (ドランは pa ナム mkha '))、7つのミラー 7) Me Long Bdun PA)-ネパールの Triten Norbutse の修道院からの問題に基づいています。チベット語の翻訳:

 

"あなたが探しているなら、あなたが見て何を見つけた、行くとあなたの場所で探して意識を残してみましょう。(…)あなたが探している場合は、あなたがで瞑想する何かを発見していない、手放すと場所に今この rozmyślającego を残してみましょう。(…)あなたが探している場合は、行動するために何かを見つけていない、今の場所でこの演技を残す。

 

 

 

時計!その場所で

ジェイコブ Szukalski

 

Przypisy   [ + ]

1. cf. ハーパーズ ' ラテン語辞典, ニューヨーク 1879, s.. 445
2. 単語も吸収として翻訳。フォーカスとして理解することができる、と思う
3. また焦点
4. 理解: 天使、anielic
5. 完全な名前: Tshe dbang mchog ' dus tshe'i sgrub の ri ma、エド Sog SDE SPrul sku bsTan pa'i ぃうぉ ma, 成都 1999?, S. 71-78 チベット語の翻訳。この聖書は、おそらく7番目の) から来ている)

"1 つの瞬間に私は1つの顔と2つの手で生活の法則の精神的なヘラルドとして、光白の外観は、8歳の若者に似ていると思うと、サインを称えるために十字架を保持する。鳥の王と zszytym のコートを Odziewającym、右足 rozpostartąで休んで曲がって左。それから私は1つの白と私の胸を考える。私は a から光線を送信し、魂の闇を削除します。戻って、彼らは魔法の光に溶け、空の家で時間のプロパティを変換します。私は、虎のスカートの中で、明るい白の外観と、1つの顔と2つの手で健康的な生活の彼のインテリア王で瞑想、交差を回転させると席にバランスを取っている。私は、前に形をした乳房の月の1つの円で瞑想します。私は、1つの白の周りに考えて、健康的な生活の右の心に回転します。私はどのように、空間から合理的な wybawców を招いて、私に浸透し、形をしてから光線を送信すると思います。私はそれらを送信し、すべての魂の生活の輝きを集中していると思う。戻って、彼らは私の人生、メリットと効率性を開発する。それから月の輪と一緒に光の中で溶かすというのは、人生の時の内部に消えると思います」

 

我々はさらに、キリスト教と仏教思想の様々な代表者のステートメントを提示する。

 

キリスト教思想における思索

 

"祝福は、純粋な心は、彼らが神を参照してくださいしなければならない。

イエス (聖マタイ5.8 による福音書)

 

「ボディランプはあなたの目である。あなたの目は健康であれば、あなたの全身が点灯されます。しかし、もしそれが病気の場合、あなたの体も暗闇の中になります "

イエス (聖ルカ11.34 による福音書)

 

"私は、聖人の愛と欲望は、神ではないものを見て反対しているものだと言うことができます。低いイメージによって拡散されない、神聖は神である最も神聖な素晴らしさに焦点を合わせた目を持っている。彼は彼が見て-すべては神にある-また、兄弟、ラフ、błagalnie 手を伸ばす。目が離れて神から引き裂くことなく、聖霊は Błagającymi 兄弟を曲げる。体に対して, 富に対して, 冒険の快適さに反して、彼の理想を上昇させる: 奉仕する. 聖-貧しい?限ら れた。じゃない。彼は本当の知恵と真の富を持って来た。だから彼はすべてを持っている。疲れを感じることはありません。作成をやめないというのが本当なら、餌をやめないのも事実です。世界の悲哀を理解しているというのが本当なら、天国の喜びを養うのも事実です。神は飽き飽きし、神は彼の喜びを持っています。命の意味を pojęło 生き物だ

イエス (マリアデジタルアバンギャルドロバータ、神の詩-マン III、31、Vox Domini、カトヴィツェ2000、S の 172)

 

カトリック教会のカテキズムによると、熟考は心の集中であり、すべての自身が聖霊の tchnieniu に服従している。主の家に住まわれている。私たちを待っている人の存在に入るために信仰を刺激する;すべてのマスクをダンプし、彼に精製され、変換 (2711) の贈り物を与えるために、愛する主に心を返します。このカテキズムでは、Uszczęśliwiająca (1028) のビジョンとして熟考のような表現も見つけ、友情関係、愛の検索 (2709)、会議 (2710)、祈り (2712)、祈りの謎を表現する最も簡単な方法は、贈り物、恵み、関係誓約 ((Tukdam

6. 1 Tm 2.5; と ROM 5.2 へのアクセスを受けている。Ef 2.18;3.12)-すべての光の原理-我々は、可能な限り、光の父の与えられた伝統に向かって、聖書の神聖から流れる-私たちの力の範囲-wejrzyjmy 天知識人の階層で、私たちの目を上げる方法でここに明らかに象徴的で Anagogiczny。(「anagoge」という言葉は、熟考に向かって上向きに上昇することを意味します
7. Me Long Bdun PA)-ネパールの Triten Norbutse の修道院からの問題に基づいています。チベット語の翻訳